合宿免許で免許を取ろう

2019年8月10日

合宿免許での生活とは?

学科に技能講習でハードスケジュール

合宿免許は短期間で免許が取得できるのが魅力となっています。ただ普通に免許取得を目指すよりは、かなりタイトなスケジュールとなっています。合宿中はまず8時ぐらいから朝食の時間になります。そして9時頃から1時限目が始まり、昼食前の4時限目まで学科や技能講習を受けていきます。1時限は50分程度で、日によって3時限連続して講習を受ける事もあれば、1時限目の講習を受けた後は4時限目まで自由時間となるケースもあります。

昼食を含めたお昼休みを1時間過ごした後は、13時半頃から再び講習が始まります。学科や技能が偏り過ぎないよう、毎日どちらも受けるようなスケジュールが組み込まれています。その日に入っている講習が終われば自由時間で、18~19時あたりの夕食を済ませた後は各々自由に時間が過ごせます。もちろん学科や技能講座を受けるだけではなく、応急救護や適性検査、仮免学科試験や修了検定なども全て合宿中に受ける事になるので、毎日それなりに忙しい日々です。特に体調を崩してはスケジュールが大幅にずれていくため、規則正しい生活を送る事が何より大切です。

空き時間は何をする?

講習の合間に空き時間が出来る事がありますが、もし最短での免許取得を望むのであれば、この空き時間は自習学習にあてるのが賢い時間の使い方です。技能面では問題なくても学科試験が不合格であれば、永遠に免許を取得する事は出来ません。基本的な知識はもちろんのこと、引っ掛け問題でミスをする事が無いよう、細かい部分までテキストを熟読しておく必要があります。しかし勉強ばかりの時間では息も詰まるため、時には合宿で仲良くなった友達とお喋りをするなどして過ごすのも良いかもしれません。

また教習所によってはホテルのような施設で宿泊できる、毎日温泉に入る事が出来る、ディナーが美味しいなど、免許取得を目指しながらも旅行気分が味わえる所もあります。ただ合宿である事は間違いないので、毎日受ける講習は普通の合宿免許とそれほどスケジュールは変わりません。空き時間をいかに有効に使うかも大切で、1日に受ける講座以外に自習学習も行い、その上で就寝までは仲の良い友達と女子会を開いたり、温泉に入って疲れを癒すなどすると、さらに有意義な時間を過ごす事が出来るのです。決められた時間通りに動いていかなければいけない、慣れない共同生活という点ではストレスも溜まりやすい環境なので、自分で上手にストレスを発散させる方法も見つけておく必要があります。

 

合宿免許ムーチョ!